『次亜塩素酸ナトリウム』は除菌・消臭効果がある液剤として知られています。安定化二酸化塩素 とは、下記のような違いがあります。

安定化二酸化塩素 次亜塩素酸ナトリウム

遊離する二酸化塩素に含まれる酸素原子による

酸化作用で、除菌・消臭等効果を発揮する。

次亜塩素酸の酸化作用で殺菌・消臭等効果を発揮する。

一部塩素による反応(塩素化)も起こる。

活性化(酸などを加え二酸化塩素を遊離する)を行わないと効果が弱い。

しかし、一度活性化を行えば、アルカリ性にしても効果は低下しない。

アルカリ性では効果が弱い。
トリハロメタンは生成しない。 トリハロメタンなど有害な化合物を生成する。
アンモニアや種々の有機物が含まれても効果は 殆ど低下しない。

アンモニアや種々の有機物と反応して効果が弱くなる。

もしくはなくなる。

長期保存が利く

(品質保証期間 1年)

長期保存に向かない

(濃度低下が大きい)

次亜塩素酸ナトリウムに比べ、

取扱いは比較的容易である。

原液は強アルカリであり、

臭気も強く取り扱いに注 意を要する。

次亜塩素酸ナトリウムと比べると高価。 価格は安価。